ワールドクラス2017日本大会 なんじゃかんじゃ 熊本城復興支援キャンペーン シェリー資格称号認定試験のお知らせ

フェスティバル

8月21日(日)コートヤード・マリオット銀座東武ホテルにて「第2回 PBOカクテル&バーフェスタ2016」が開催されました。開場時間には多くの来場者で賑わい、5時間半に渡るイベントは盛会のうちに幕を閉じました。

今回は9種類のスタンダードカクテル体験ブースが3階の会場にオープン。多くの方々がバーテンダーを体験されました。2階のメイン会場「桜の間」ではPBOサポートメンバーを中心としたメーカーブースが出展。大変充実した内容で多くの方々が最新の情報と商品に舌鼓をうたれたようです。


2階では別にセミナー会場を設け、4人の講師によるスペシャルセミナーが開催されました。このセミナーは受講予約と同時に完売となるほどの盛況ぶり。
13時になると2階のメイン会場ではカクテルコンペティションが行われました。今回はウイスキーをベースにした夏にふさわしいロングカクテルをテーマに、全国から集まった10名の選手によって技が披露されました。優勝は本部直轄エリア(富山県)所属の冨士原希選手。カクテル名「サマーメロウ」で見事栄冠を手にしました。その後、同会場ステージでは国内最大規模・最高レベルのカクテルコンペティション「ビームサントリー ザ・カクテルアワード」を間近で体感できるプレゼンテーションステージが開催されました。

カクテル体験で賑わう3階会場ではその他の催しも目白押し。ベネンシアやフレアテンディングでは多くの方が実際に体験して、その技の奥深さを肌で感じられたようです。また、同会場のステージでは世界大会に出場されたバーテンダーによるプレゼンテーションも披露。世界のトレンドを知る貴重な時間となりました。
PBOメンバーによる数々のカクテルブースは終日大賑わいとなりました。特に「ファーム・トゥ・グラス」と称した北海道から沖縄まで全国の地産地消カクテルは大変人気があったようです。

2階メイン会場では前述のザ・アワードや世界大会で活躍されたバーテンダーと共にPBOの2016年MVB馬場氏によるスペシャルトークショーが行われました。いよいよ最後の催しとなった全日本フレア・バーテンダーズ協会プロデュースによるフレアテンディングステージが繰り広げられ、盛況のうちに幕はおろされました。
3つの会場で次から次へと催しが繰り広げられたPBOカクテル&バーフェスタ2016。様々な角度からカクテル、そしてバーテンダーを体験していただけたのではないでしょうか。早くもPBOの名物イベントとなりつつありますね。来年の開催もご期待ください!