WORLD CLASS
[ 千葉県支部 ] 6月-24-2009

山野井有三氏によるフルーツカッティングセミナー

日時:平成21年6月24日 14時00分〜16時00分
会場:バー・バグース
参加人数:14名(定員14名)

・フルーツカッティングについての講義・実演
・山野井氏に指導を受けながら、メンバーの技術練習(4種類のフルーツ)
・質疑応答

千葉県支部:スキルアップセミナー「山野井有三氏によるフルーツカッティングセミナー」


[セミナーに参加してのレポート&感想 会員 岩渕知子]
 山野井氏から技術が学べるとあって、数日で定員に達したそうです。
 はじめに山野井氏がバーテンダーになったきっかけや、受賞するまでのお話を資料と併せてお聞きしました。
 山野井氏がバーテンダーを目指した頃は、バーテンダーのイメージがあまり良いものではなかった為、そのイメージを変えようと、きちっと仕事をする技術のあるバーテンダーを目指したそうです。
 パブ パイプのけむりでの修行時代は、出来ればそれでいいだけではなく、その上を目指し、誰もやった事がない作品を作るために研究と努力を重ねて、総合優勝「カクテル オブ ザ イヤー」を獲得されたそうです。この二つのお話は特に印象深いものでした。改めて今のバーテンダーは環境に恵まれている事と、上を目指すためには人一倍の努力が必要なのだと感じました。
 また、フルーツカッティングにあたり、正直に言えばフルーツは簡単に切ってすぐに食べるのが一番おいしい。しかし、私たちはお金をいただく以上、そこに技術を加え、お客様が楽しんで下さる付加価値を付けて演出する事が大事だという事でした。
 次に、山野井氏の模範カットを注意点やコツなどを聞きながら拝見しました。
 フルーツは、りんご・オレンジ・パイナップル・キウイでした。何パターンかの切り方もしてくださり、また口頭でも説明していただきました。私用するペティナイフについても、小さめで元の方の刃は落した方が良いなど研ぎ方のアドバイスもいただきました。
 そしていよいよ私たちの実践です。用意されたフルーツを山野井氏のカットを参考にカット始め。山野井氏は各テーブルを回ってナイフの持ち方、使い方、カットの仕方などあらゆる指導を丁寧にしてくださいました。
 最後に実践を見た感想を山野井氏にいただきました。ナイフを使う事に慣れていない人が多かったので、まずナイフに慣れる習慣をつける事。捨ててしまうフルーツや野菜の皮などでカットの練習をする事などのアドバイスをいただきました。
 参加後の感想は、山野井氏はとても気さくに解かり易く説明してくださったので、大変勉強になりました。実践の時も一人一人に適切なアドバイスをして頂いたので質問等もし易かったです。
 一人で練習していただけではなかなか解からない事が、皆で話し合い、山野井氏に聞きながら解決し、とても有意義なセミナーでした。

PBO:NPO法人プロフェッショナル・バーテンダーズ機構