イベント

[ イベント ] 8月-27-2019

Let’s enjoy cocktail world カクテルの世界を楽しもう!
 
2019年8月25日、今年5回目の開催を迎えるPBO主催カクテル&バーフェスタが東京都墨田区錦糸町にある東武ホテルレバント東京にて開催されました。
カクテルブースはもちろん、ベネンシアやフレアバーテンディングが体験できるブース、さらに33社ものメーカーブースが並ぶ会場は多くの人で賑わいました。
 
その中でも注目されている企画が、「オリジナルカクテルコンペティション」と地産地消のオリジナルカクテル「ファーム・トゥ・グラス」。会場中央に設置された二つの大型ブースで15時15分から同時にスタートしました。
どちらのブースもエントリーした作品が同時にお披露目されます。コンペティションでありながら、来場者もその場で作りたての作品が味わえるライブ感満載の企画。会場は熱気に包まれました。
 
オリジナルカクテルコンペティションは3名の審査員と共に、来場者の投票によって優勝者が選ばれます。また、ファーム・トゥ・グラスにいたっては来場者の投票のみでNo.1が決められます。皆さん真剣な面持ちで味わっている様子が印象的でした。
 
オリジナルカクテルコンペティションでは広島県(中国・四国エリア)からエントリーした野間真吾選手の「KACHIDOKI(カチドキ)」が優勝。桜尾ジンオリジナルをベースにしたカクテルで正に勝鬨を上げられました。一方、ファーム・トゥ・グラスは東北エリアのテンダーグリーン(水戸誠士さん創作)がNo.1に選ばれました。宮城県角田産白加賀梅(青梅)の甘露煮を生かしたラムベースのカクテルです。
 
その後、同ブースは2019年MVBとPBO委員によるオリジナルカクテルとPBOエグゼクティブスペシャリストによるスタンダードカクテルが提供され、多くのカクテルファンで賑わいました。
 
今年も多くのカクテルファンで盛会となったPBOカクテル&バーフェスタ。様々な切り口でカクテルの魅力を発信した催しとなりました。これからもバーでカクテルを楽しむ方が一人でも増えると良いですね。