WORLD CLASS
[ コラム ] 6月-2-2008

 カクテルの種類。有名無名のオリジナルを合わせれば星の数ほど存在する。皆さんは、どれだけご存知だろうか。主だった有名どころを紹介するにしても、さてどう紹介したものか。ベース別などは、いろんなサイトで見受けられるので珍しくもない。
 そこで他ではなかなか見受けられない歴史年表で紹介することにした。いつの年代に、何がどこで生まれたのか。「ラルース 新カクテル事典」を参照にしたが、まさに諸説あり。喧々諤々(けんけんがくがく)になるだろうが、それもまた良し。酒のつまみとして楽しく語ろうではないか。

1800年以前

★パンチ類
17世紀の終わりに英国領アンティル諸島で創作された模様。

★フィッシュ・ハウス・パンチ
1732年にフィラデルフィアのフィッシュ・ハウスで創作。

★グロッグ
1740年に英国海軍に登場。

★サワー類
18世紀半ばに英国に登場。

★トディ類
1760年に英国領アンティル諸島に登場。

★エッグノッグ類
★ジュレップ類
1800年の少し前にアメリカに登場。

★スリング類
1800年の少し前にアメリカで広まる。

1800〜1810年

★コブラー類
1800年頃にアメリカに登場。

★フリップ類
1800年頃に英国で広まる。

★ミント・ジュレップ
1800年頃にアメリカ、特にノース・ヴァージニア州のプランテーションで広まる。

1820〜1830年

★サンガリー類
元々英国領アンティル諸島で誕生。1820年頃にアメリカに紹介。

1840〜1850年

★クラスタ類
1840年代初めにニューオリンズの市立取引所でジョゼフ・サンティーニによって創作。

★プース・カフェ類
1840年代初めにニューオリンズで広まる。

★トム&ジェリー
1847年にカリフォルニア州でジェリー・トーマスが創作。

★ピンク・ジン
1848年以来英国海軍の将校が愛飲する。

★サンティーナズ・プース・カフェ
ジョゼフ・サンティーナが創作。

1850〜1860年

★ブルー・ブレーザー
1850年代初めにサンフランシスコのオキシデンタルホテルにおいてジェリー・トーマスが創作。

★フィックス類
★スマッシュ類
アメリカで人気を得る。

★ジャパニーズ
アメリカでジェリー・トーマスが創作。

★ピムズ・カップ
ジェームズ・ピムが創作。ロンドンで人気が出る。

1860〜1870年

◎ハウ・トー・ミックス・ドリンク
カクテルについての最初の本。ジェリー・トーマスが書き、1862年にニューヨークで出版。

★コーディアル・ライム・ジュース
甘みのついたライム・ジュース製品で、1865年にエディンバラのラクラン・ローズが創作。

★コリンズ類
アメリカに初めて登場。

1870〜1880年

★セザラック
1870年代初めにニューオリンズのセザラック・ハウスにおいてトーマス・H・ハンディが完成。

★デイジー類
★フィズ類
アメリカに初めて登場。

1880〜1890年

★マルチネス
1880年代初めにアメリカでジェリー・トーマスが創作。

★マンハッタン
1884年にアメリカで創作。作者不明

★イースト・インディア
1888年にアメリカでハリー・ジョンスンが創作。

★スピリッツァー
1888年にアメリカで創作。元はライン・ワインとセルツァ水で作られた。

★ビジュー
1880年代末にアメリカでハリー・ジョンスンが創作。

★ターフ
1888年から1895年の間にアメリカでハリー・ジョンスンが創作。

★ブラック・ベルヴェット
アメリカで広まる。元々はアメリカでシャンパン・ベルヴェットと呼ばれた。

★ホーセズ・ネック
アメリカに登場

★ラモス・ジン・フィズ
ニューオリンズのキャビネット・サルーンのヘンリー・C・ラモスが創作。

1890〜1900年

★スティンガー
1890年代にアメリカに登場。元はジャッジ・カクテルと呼ばれる。

★ハイボール類
1890年から1895年の間にアメリカのある大きなレセプションでブラッドリー・マーティンが創作。

★レムゼン・クーラー
1895年より以前に、海軍士官のウィリアム・レムゼンがニューヨークのユニオン・クラブで創作。

★ダイキリ
1898年、キューバのサンティアゴのヴィーナス・ホテルで鉱山技師の仲間が創作。

★ブルズ・アイ
アメリカで広まる。

★シャンパン・ジュレップ
ニューヨークでウィリアム・シュミットが創作。

★パフ類
アメリカに初めて登場。