WORLD CLASS
[ コラム ] 6月-20-2008

 今回で3回目。いよいよ現代に入ってきた。1980年代以来、多くの新しいレシピが登場する。どれもすぐに国際舞台へ顔を出すようになった。そんな時代の変化とともに人の好みも変わってきている。トワイライト・タイムに安心して数杯飲み干せる、低アルコールのカクテルが人気だそうだ。そんな新しい客に合わせたカクテルが今夜も生まれているのだろう。定番となって新たに歴史に名を刻むカクテル。出会いたいものだ。

1950年〜1960年

★ブラック・ルシアン
1950年頃、おそらくブリュッセルのメトロポール・ホテルでグスタフ・トップスが創作。

★ピニャ・カラーダ
1950年代初めに、プエルト・リコに登場。カリブ・ヒルトン・ホテルのバーテンダー、ラモン・マレロ・ペレスの作品。

★タマナコ・ドライ
1950年代初めに、カラカスのタマナコ・ホテルでジャック・ヘブラールが創作。元はジャッカルティーニとして知られる。

★キール
1904年、ディジョンで創作。ヴァン・ブラン・カシスを改名(1951年)

★ゴールデン・ドリーム
カリフォルニア州マリンランドのルロイ・シャロンが創作。

1960年〜1970年

★ブルー・ラグーン
1960年、パリのハリーズ・バーのアンディ・マッケルホーンが創作。

★スクリュードライバー
1960年代初めに、アメリカ全土で人気沸騰。

★ハーベイ・ウォールバンカー
1968年と1970年の間に、カリフォルニア州に登場。マンハッタン・ビーチのパンチョズ・バーの作品。

★テキーラ・サンライズ
1960年代末に、アメリカで創作。

★バナナ・ダイキリ
トレーダー・ヴィックが創作。

★ボサ・ノバ
バハマのナッソー・ビーチ・ホテルのセシル・E・ロバーツが創作。

★ジョー・カヌー
キングストンのシェラトン・ホテルでD・R・ルナンが創作。元はジョンカヌー・スクリュードライバーと呼ばれる。

★マルガリータ
アメリカで広まる。発祥地不明。

★モンテゴ・ベイ
トレーダー・ヴィックが創作。

★ムラータ
キューバで創作。ホセ・マリア・ヴァスケスの作品。

1970年〜1980年

★ブルー・ハワイアン
1970年代初め、アメリカで創作。

★ケープ・コッダー
1970年代初め、アメリカで創作。

1980年〜1990年

★アップル・サンライズ
1980年、ミュンヘンのチャールズ・シューマンが創作。

★ミッドナイト・ムーン
1982年、パリでコリン・ピーター・フィールドが創作。

★アリスト
1984年、ドイツのパッソーでデュシャン・ティストラーが創作。

★キャロル・チャニング
1984年、ロンドンでディック・ブラッドセルが創作。

★クリエイティビティ
1984年、チューリッヒでピーター・ロスが創作。

★レディー・キラー
1984年、チューリッヒのクロネンハル・バーでピーター・ロスが創作。

★ベーシック
1986年、ドイツのパッソーでデュシャン・ティストラーが創作。

★ロング・アイランド・アイスド・ティー
★パープル・フッター
★セックス・オン・ザ・ビーチ#2
1980年と1987年の間に、サンフランシスコのバルボア・カフェで創作。

★ブランブル
ロンドンでディック・ブラッドセルが創作。

★ファジー・ネーブル
サンフランシスコに登場。パット・オシアのマッド・ハッターの作品。

1990年〜

★ブラック・ウィドー
1992年、ニューヨークで「The Craft of the Cocktail(カクテルの技術)」の著者、デール・デグロフが創作。

★ウー・ウー
1993年、サンフランシスコのジェリーズ・サパー・クラブで創作。

★アップル・ピラー
★セレンディピティ
1994年、パリでコリン・ピーター・フィールドが創作。

★アネホ・ハイボール
1995年、ニューヨークで「The Craft of the Cocktail(カクテルの技術)」の著者、デール・デグロフが創作。

★ブルゴス
1995年、パリでコリン・ピーター・フィールドが創作。

★ジンジャー・シャンパン
1995年、パリ(あるいはベンデリッター)でコリン・ピーター・フィールドが創作。

★ビーム・ミー・アップ・スコッティ
1996年、ベルリンのハドスン・バーのウィリー・ハースが創作。

★ケーブル・カー
1996年、サンフランシスコでトニー・アバウーガニムが創作。

★ダスティ・ローズ
1996年、ニューヨークで「The Craft of the Cocktail(カクテルの技術)」の著者、デール・デグロフが創作。

★トロピカーナ
1996年、ベルリンのハドスン・バーのウィリー・ハースが創作。

★マキシムズ・コーヒー
1997年、ブリュッセルで「LAROUSSE COCKTAILS(ラルース新カクテル事典)」の著者、フェルナンド・カステロンが創作。

★フィエスタ
1997年、パリでコリン・ピーター・フィールドが創作。

★エクスプレッソ・マティーニ
1998年、ロンドンでディック・ブラッドセルが創作。

★ジャスト・トライ
1998年、ミュンヘンのネグロニ・バーでマウロ・マジョウが創作。

★アガベ・パンチ
1999年、ニューヨークで「The Craft of the Cocktail(カクテルの技術)」の著者、デール・デグロフが創作。

★アップル・スパークル
1999年、フランスで「LAROUSSE COCKTAILS(ラルース新カクテル事典)」の著者、フェルナンド・カステロンが創作。

★チョコレート・ブリス
1999年、ロンドンで「LAROUSSE COCKTAILS(ラルース新カクテル事典)」の著者、フェルナンド・カステロンが創作。

★バカラ
1999年、チューリッヒでピーター・ロスが創作。

★ブレックファースト・マティーニ
1999年、ロンドンで「Classic Cocktail(クラシックカクテル)」の著者、サルヴァトーレ・カラブリーズが創作。

★マンゴー・スパークル
1999年、フランスで「LAROUSSE COCKTAILS(ラルース新カクテル事典)」の著者、フェルナンド・カステロンが創作。

★ベティ・ブルー
2000年、ミュンヘンのネグロニ・バーでマウロ・マジョウが創作。

★ジー・ジー
2000年、ロンドンで「Classic Cocktail(クラシックカクテル)」の著者、サルヴァトーレ・カラブリーズが創作。

★アップル・マティーニ
2000年頃、アメリカはおそらくニューヨークに登場。

★アジアン・パッション
★パッション・クーラー
2000年、フランスで「LAROUSSE COCKTAILS(ラルース新カクテル事典)」の著者、フェルナンド・カステロンが創作。

★ディー・ライト
2000年、シドニーで「LAROUSSE COCKTAILS(ラルース新カクテル事典)」の著者、フェルナンド・カステロンが創作。

★エル・ウルティモ
2000年、ボコタで「LAROUSSE COCKTAILS(ラルース新カクテル事典)」の著者、フェルナンド・カステロンが創作。

★フレンチ・スプリング・パンチ
★ルシアン・スプリング・パンチ
★トリークル
2000年と2003年の間に、ロンドンでディック・ブラッドセルが創作。

★アンバー・ツイスト
2001年、ソウルで「LAROUSSE COCKTAILS(ラルース新カクテル事典)」の著者、フェルナンド・カステロンが創作。

★クロックワーク・オレンジ
2001年、パリでコリン・ピーター・フィールドが創作。

★デルマーバ
2001年、ロスアンジェルスで「カクテル博士」のニックネームで知られるテッド・ヘイが創作。

★ジャム・ダイキリ
2001年、ヴァレンシア(スペイン)でラファエル・バレステロスが創作。

★メリング
2001年、ロスアンジェルスで「テッド・ヘイが創作。

★エボルーション
2002年、ヴァレンシア(スペイン)でラファエル・バレステロスが創作。

★フランシス・ザ・ミュール
2002年、ロスアンジェルスで「テッド・ヘイが創作。

★ゴッサム
2002年、ワシントン州シアトルで「ドリンクボーイ」としても知られるロバート・ヘスが創作。

★ハイスキベル
2002年、ヴァレンシア(スペイン)でラファエル・バレステロスが創作。

★ツイスティン
2002年、チューリッヒでピーター・ロスが創作。

★カシシーナ
★クランベリー・カラーダ
★ミルキー・マンゴー
★マイ・スカイ
★プランターズ・パンチレス
★パープル・パッシュ
★レッドウッド
2002年、フランスで「LAROUSSE COCKTAILS(ラルース新カクテル事典)」の著者、フェルナンド・カステロンが創作。

★ヨーロピアン・ビューティ
★ホンダリビア
2003年、ヴァレンシア(スペイン)でラファエル・バレステロスが創作。

★レモニー・スニケット
2003年、ロスアンジェルスで「テッド・ヘイが創作。

★ベリー・ブラッシュ
★バウンティ・ボート
2003年、フランスで「LAROUSSE COCKTAILS(ラルース新カクテル事典)」の著者、フェルナンド・カステロンが創作。

★コスモポリタン
サンフランシスコのジェリーズ・サパー・クラブで創作。

★プラジャ・デル・マル
ロンドンのナヴァホ・ジョーが創作。