WORLD CLASS
[ コラム ] 1月-16-2009

 ジンは、1660年にオランダ・ライデン大学のシルヴィウス博士(Dr.Sylvius:本名Franz de la Boe フランツ・デ・ラ・ボエ、1614-1672)によってつられた薬用酒である。植民地での熱病の特効薬、利尿剤としてつられたという。  その中身は、当時、利尿効果があるとされていたジュニパー・ベリー(Huniper Berry:杜松の実)をアルコールに浸漬して蒸留したものである。この薬用酒は、ジュニパー・ベリーのフランス語読みであるジュニエーヴル(Genievre)と名付けて販売された。

 すでに蒸留酒を飲む習慣は徐々に広がりつつあったが、簡単な構造のポット・スチルで作られていたために雑味の多い酒がほとんどであった。さわやかな香りを持つジュニエーヴルは、当時存在した他のジュニパー・ベリー風味の酒とともに飲用が広まっていったのである。そして名前もオランダ語でイェネーフェル(Genever)やイェネーファ(Geneva)と呼ばれるようになった。

 このイェネーフェルは、オランダ公ウィリアムが1689年にイギリス国王に迎えられるとともにイギリスにも広がり、特にロンドンで爆発的に流行した。そして、イギリスではジュニエーヴルが短縮されて「ジン(Gin)」と呼ぶようになった。これが「ジン」と呼ばれるようになった由来でもある。

 19世紀に入ると連続式蒸留機が発達し、イギリスのジンはクセのないライトな風味を持つ洗練された新しい酒として進化していく。そして相変わらずポット・スチルでつられるイェネーフェルと区別するために、ブリティッシュ・ジン、あるいは主産地の名前をとってロンドン・ジンと呼ばれるようになった。

 ジンは、それからアメリカに渡っていく。そしてカクテルベースとして一躍脚光を浴び、世界的に有名になった。こうしたジンの歴史が、まさに「ジンは、オランダ人が生み、イギリス人が洗練し、アメリカ人が栄光を与えた」といわれる所以である。現在、ジンは世界各国でつくれているが、そのほとんどがロンドン・ジンと同じタイプのドライ・ジンである。

注)ドイツ語およびフランス語特有の文字は一部省略して表記しています。