MONIN CUP 2018 レシピ応募 LA MAISON COINTREAU JAPAN 2018
[ コラム ] 3月-27-2009

 ロシアのウォッカと双璧をなすのがポーランド・ウォッカである。それ以外にも代表的なものとしてフィンランド、アメリカ、カナダなどのウォッカがある。今回はポーランドとそれらのウォッカについて紹介していく。

 ポーランドでは、VODKAではなくWODKA(Oの上には’が入る)と書く。発音もウォッカではなくヴォトカという。17世紀には輸出が始まったという同国を代表するスピリッツである。代表的なポーランド・ウォッカの銘柄としては、最高級という意味でもある「ビボロア(Wyborowa)」が有名だ。ポーランドは世界第2位のライ麦生産国であり、原料には選りすぐったライ麦が使用されており、ほのかなライ麦風味が特徴になっている。他にも「ジトニア(Zytnia)」などの銘柄も人気がある。

 森と湖、そして白夜の国として有名なフィンランドのウォッカでは、「フィランディア(Finlandia)」が代表的だ。主原料は六条大麦で、スムーズでライトな中に残るグレーン由来の味が特徴になっている。

 北米のウォッカは主原料としてトウモロコシが使われており、アルコール度数95%以上のグレーン・スピリッツでつくられている。比較的強く活性炭処理がされており、ドライなタイプの仕上がりである。原料由来のフレーバーはほとんどなく、クリーンでニュートラルというのが特徴になっている。
 アメリカの代表的銘柄として、「スミノフ(Smirnoff)」「ポポフ(Popov)」「カムチャッカ(Kamchatka)などがある。
 カナダの代表的銘柄としては、クリスタル・クリアと呼ばれる高級ウォッカ「サイレント・サム(Silent Sam)」が有名だ。