MONIN CUP 2018 レシピ応募 LA MAISON COINTREAU JAPAN 2018
[ コラム ] 11月-14-2008

 既出「フランス宮廷内で初めて飲まれたリキュール」で紹介したように、カトリーヌ・ド・メディシスからフランス宮廷へと広がっていったリキュール。太陽王と呼ばれたルイ14世(Louis XIV、1638〜1715[在位1643〜1715])もリキュールを愛飲した王の一人だ。

 老齢になってからは老化予防のためにロソリ(Rossolis)というリキュールを好んで飲んだらしい。生命の水と呼ばれていたブランデーに、ムスク(じゃこう)、バラ、オレンジ、ユリ、ジャスミン、シナモン、クローヴで香りをつけたものだったといわれている。

 このロソリという名称は、イタリアのロゾリオ(サヴォナローラ医師がブランデーにローズの花の香りとモウセンゴケの味を溶かし込んだリキュール。既出「ブランデー嫌いのご婦人のためのリキュール」)が変化したという説。ルイ14世の尊称「太陽王(Roi soleil:ロワ・ソレイユ)」がなまったものという説などがある。

 この太陽王のころからリキュールの楽しみ方が広がっていった。ヨーロッパ上流階級社交界で貴婦人たちが、身に付けている衣装や宝石の色とリキュールの色をコーディネイトさせて楽しむようになったのだ。リキュールはこのころから「液体の宝石」「飲む香水」と呼ばれるようになったという。

 当然、リキュールの生産者も競って新しい色や香りのリキュールを次々に開発するようになったらしい。そういえば、ルイ14世にはこんな女性に関する言葉が残っている。「二人の女を和合させるより、むしろ全ヨーロッパを和合させることのほうが容易であろう」。女心は複雑かもしれないが、美しさを求める女心が昔も今もカクテルの発展には欠かせない。