WORLD CLASS
[ PBO 本部直轄エリア ] 6月-4-2013

2013年6月2日(日)に長野県にあります本坊酒造マルス蒸留所へ大型バスを貸切り、
PBOメンバー18名で行って参りました。
 
2年前より19年ぶりに再稼働しましたこの蒸留所は信州の大自然の中に位置し、
ウイスキー作りにはかかせない良質な軟水がある場所でもあります。
ウイスキーの他に地ビールやワインを作っている事でも有名です。

蒸留所見学は糖化槽をはじめ、蒸留機や熟成に使用される貯蔵庫など興味深いものばかりで、
蒸留所所長の方の詳しい説明に耳を傾け一生懸命メモを取っているメンバーの姿が印象的でした。
中でも以前使用されていたコンデンサー
     ( 一回目の蒸留で気化したウイスキーを冷却し、再び液体に戻す機械 )
の内部構造を見させて頂いた時は普段あまり見られない設備に一同注目を集めておりました。
その後テイスティングルームにて、マルスウイスキーやピートを強めに焚いた
ウイスキーのニューポットなど、数種を試飲させて頂きました。

次に訪れたのは同じく長野県にあります薬用酒で有名な養命酒の駒ケ根工場です。
原材料の説明や製造方法、出荷までの工程を見学し、普段身近にあった養命酒について
更に知識が深まった事と思います。

最後に今回の蒸留所見学ツアーにあたり、本坊酒造の皆々様には前日からご準備など
多大なるご尽力を賜りまして心より感謝申し上げます。
誠にありがとうございました。