2013年9月29日(日) PBOメンバー10名、ビジター5名で、埼玉県秩父市にあります
「ベンチャーウイスキー秩父蒸溜所」へ、見学に行って参りました。

「秩父蒸溜所」は、2008年2月に操業開始と、歴史は浅いながらも、WWA (ワールドウイスキーアワード) などで、多くの受賞歴があり、今、世界が注目している蒸溜所です。

Venture whiskey Chichibu 1

蒸溜所内では、ベンチャーウイスキー社の社長、肥土伊知郎氏に、自ら丁寧にご案内いただき、製造工程の順を追って、見学させていただきました。

モルトミルの前では、粉砕される前の麦芽を試食し、「秩父蒸溜所」の特徴の一つでもあるミズナラ製のウォッシュバックでは、発酵槽の内部まで覗かせていただき、甘い麦汁ともろみの香りに包まれました。
そして、稼働中のポットスチルを直に触れ、熱を肌で感じ、貯蔵庫では、樽の種類や数、大きさに圧倒されました。

見学中には、肥土氏への今後の展開や、ウイスキー作りに対する思いなど、参加者から多くの質問があり、熱心にメモを取る姿や、写真に収める姿が、とても印象的でした。

Venture whiskey Chichibu 4

ゲストハウスでは、樽熟成される前のニューポットや、ブレンドされる前の原酒、今年3月に発売されたばかりの 「CHIBIDARU」 と 「PORT PIPE」 など、たくさんのウイスキーを試飲させていただきました。

Venture whiskey Chichibu 5

一つ一つの工程を、細部に渡りご説明いただき、そして、人の手で、人の感性を大事にする拘りなど、ウイスキー作りに対する熱い想いが、世界中のウイスキーファンを、虜にするのだと感じました。

見学終了後には、「秩父そばの会 武蔵屋」様に立ち寄り、懇親会をいたしました。
秩父蒸溜所の話や、普段の営業の話などもあり、親睦を深める大変有意義な見学ツアーとなりました。

最後に、今回の蒸溜所見学にあたり、お忙しい中、多大なるご尽力を賜りました、肥土様をはじめ、スタッフの方々に、参加者一同心より御礼申し上げます。